豆知識

デリケートゾーンのにおいはセルフチェックで予防!オススメ確認法

投稿日:

デリケートゾーンのにおいはセルフチェックで予防!オススメ確認法

自分自身のデリケートゾーンから発せられるにおいにはなかなか自分では気づきにくいものです。

かといって周りの人が必ず指摘してくれるという保証はありません。

「自分で確認する方法はないのかな?」

と思う方もいることでしょう。

そんな方に耳よりな情報があります♪

実は、デリケートゾーンが臭くないかチェックする方法があるのです!

そこで今回は7つの確認方法と対策についてお伝えしていきます。

 

デリケートゾーンのチェックの前におさえておきたいこと

今からご紹介するチェック方法のほとんどに「アポクリン汗腺」が関わってきます。

ですので、まずは「アポクリン汗腺」についてお話しておきましょう。

 

私たちの体には2種類の汗腺があることが分かっています。

ひとつは「エクリン汗腺」、もうひとつは「アポクリン汗腺」です。

そして、においの原因となっているのはアポクリン汗腺から出る汗です。

この汗には以下のような物質が含まれているのが確認されています。

  • 糖質
  • アンモニア
  • タンパク質
  • 脂肪酸
  • 鉄分

他にも色々含まれていますが、これらは雑菌のエサとなり、分解されたものがデリケートゾーンを臭くしているのです。

このことから、アポクリン汗腺から出る汗の量が多いほど、デリケートゾーンが臭くなることがお分かりいただけると思います。

 

デリケートゾーンのにおいを自分でチェックしてみよう!7つの確認方法

では、実際にチェックを行っていきましょう!

これらのチェックはデリケートゾーンのアポクリン汗腺が多いか少ないかを見るものです。

また、汗の質についても確認していきます。

 

アンダーヘアが太くて頑丈かつ生えている密度が高い

一概には言えませんが、毛が多く太い・密度が高い場合は、デリケートゾーンのアポクリン汗腺も多くなるようです。

一度自分のアンダーヘアを確認してみましょう。

 

両親のどちらか、もしくは両方がワキガである

アポクリン汗腺はワキにも存在します。

ワキガの人はアポクリン汗腺が多いとみて間違いないでしょう。

ワキのアポクリン汗腺が多い人は、デリケートゾーンにも多く分布している傾向があります。

親がワキガの場合、子供に引き継がれる可能性は約30%です。

また、親だけでなく兄弟などがワキガの場合もアポクリン汗腺が多い体質である疑いがあります。

一度、家族がワキガでないか確認してみるのも良いかもしれませんね。

 

耳垢が湿っている

意外かもしれませんが耳垢もチェックすべき重要なところです。

耳の中にはエクリン汗腺は存在しないため、通常耳垢が湿ることはありません。

しかし、それでも湿っている場合はアポクリン汗腺から出た汗が耳垢を湿らせている可能性があります。

耳の中にアポクリン汗腺が多くある場合はデリケートゾーンにも多く分布しているということがいえます。

耳掃除の時に自分の耳垢がどんな状態なのか確認してみましょう。

 

汗をよくかく(多汗症)

汗をよくかくということは、それだけアポクリン汗腺から出る汗の量も増えるということ。

すなわちデリケートゾーンのにおいもそれだけ強くなるということです。

 

いつも上着のワキの部分が黄色くなる

これは、アポクリン汗腺から出た汗に含まれる成分の影響です。

ワキのアポクリン汗腺の量も多ければ必然的にその色も濃くなります。

先ほどお伝えしたように、ワキとデリケートゾーンのアポクリン汗腺の多さは比例しています。

これをきっかけに脱いだ衣類をチェックする習慣を身につけるのも一つの方法です。

 

食生活がお肉もしくはジャンクフード中心

普段の食事も要チェックです!

汗の質は食生活で大きく変わってきます。

肉類やジャンクフードの摂取が多い場合、汗の中のにおい物質も多くなります。

そうなると当然デリケートゾーンからにおいがするようになるのです。

 

ストレス過多

ストレスもデリケートゾーンのにおいと大きな関係があります。

強いストレスを感じた時に出る汗、つまり冷や汗はアポクリン汗腺から出ることが確認されています。

ということはストレスが大きければ大きい人ほど汗が多くなり、デリケートゾーンのにおいも強くなるのです。

これもチェックすべきポイントです。

 

デリケートゾーンのにおいに効果てきめん!今すぐ確認5つの対処法

さて、あなたは上記のチェックにいくつ当てはまりましたか?

ひとつでも該当するものがあれば、ここで紹介する対処法を実践してみてくださいね!

 

デリケートゾーンをこまめに洗う

お風呂にはいった際、デリケートゾーン専用の石鹸を使いきれいに洗いましょう。

外陰部のでこぼこも指をやさしくあてて汚れをとるとにおいがかなり薄くなります。

 

デリケートゾーンのケアアイテムを駆使する

最近はデリケートゾーンのケアに特化したアイテムが多く販売されています。

上手に利用することでにおいも軽減♪

薬局の女性用品のコーナーを確認してみてくださいね!

 

ムレにくい下着や衣類を選ぶ

汗から発生するデリケートゾーンのにおいをおさえるには、臭くなる前に外へ逃がしてやることが重要です。

できるだけ通気性が良く速乾性の高い下着を身につけるようにしましょう。

一度自分の持っている下着を確認してみることをオススメします。

 

今の食生活を確認し改善を心がける

においの少ない汗へ変化させるには食生活の改善が一番です。

今の食事をチェックしてみましょう。

肉やジャンクフードが多い場合は控え、魚や野菜をしっかりと食べてバランスの良い食事を心がけることが大切です。

食事の改善を続けることで汗の質が改善し、デリケートゾーンの悩みも消えていくでしょう。

 

ストレス解消を意識する

ストレスを溜めないことを意識するだけでデリケートゾーンのにおいの軽減に大きな効果があります。

自分のできることからで構いません。

散歩やヨガなど、少し体を動かすだけでも変わってくるのです。

また、体を動かすと鈍くなっていた汗腺の働きが活性化し、質の良い汗を出す手助けにもつながります。

 

デリケートゾーンのにおいを気にしすぎるのはNG

「周りは臭くないと言ってくれるけど本当は臭いんじゃないかな…」

そんな風に気にしてしまうこともあると思います。

 

特に今回お伝えした7つのチェック項目のうち、どれかひとつでも当てはまっていたのなら不安も強くなるかもしれません。

けれど安心してください!

該当しているからといって必ずしもデリケートゾーンが臭いというわけではないのです。

また、デリケートゾーンからにおいがしていたとしても、きちんと対処していれば分からないくらいまで消すことは可能です。

あまり気にしすぎないようにしてくださいね♪

 

おわりに

遺伝的な体質やアポクリン汗腺の数を自分の力で変えることは困難です。

しかし、食生活やストレスの軽減を意識することでデリケートゾーンのにおいはかなり改善します。

その為にも、今回お伝えしたチェックを行い自分が臭くないかどうか定期的に確認すると良いでしょう。

あなたのデリケートゾーンのケアにぜひ生かしてくださいね♪

-豆知識

Copyright© 【スカートはきたい】 , 2017 AllRights Reserved.