原因と対策

デリケートゾーンのお手入れでにおい激減!洗い方をマスターしよう!

投稿日:

デリケートゾーンのお手入れでにおい激減!洗い方をマスターしよう!

デリケートゾーンのにおいが気になった時どうしますか?

多くの女性は「今すぐに洗いたい!」と思うのではないでしょうか。

正しい洗い方でお手入れをすればデリケートゾーンのにおいを消すことは十分可能です。

しかし、自分で見えない場所だからこそどうやって洗っていいのかわからない…。

そんな方も多いはず。

そこで今回誰でもできるデリケートゾーンの正しい洗い方をまとめました!

一刻も早く嫌なにおいから解放されましょう♪

 

デリケートゾーンのにおいは洗うことでおさえられる!

デリケートゾーンを自分で見る機会はなかなかありません。

なので気づかないことも多いのですが、実はよごれが非常にたまりやすくとれにくい場所なのです。

ここでデリケートゾーンに見られる汚れの一例をあげてみましょう。

・皮脂

・汗

・古い角質

・恥垢(アカ)

・尿

などがあります。

生理中になるとここに経血も加わります。

こうやって見るとどれも放っておくとよくないものばかりですね…。

お手入れをサボるとこれらの汚れに雑菌がくっつきにおいを放ちます。

どれだけ不潔な状態になっているか想像できるでしょう。

 

しかし、視点を変えるとこう考えることもできます。

汚れを的確にごっそり取れたらにおいは劇的に改善する

汚れを効率的にとるには洗うのが一番!

だから、デリケートゾーンのお手入れはとても大切なのです。

 

洗えていないことで起きる!におい以外の不快な症状!

デリケートゾーンの汚れは毎日とらなければどんどん蓄積されていく一方です。

そして溜まった汚れはにおいだけではなく、こんな症状としてあらわれはじめます。

 

膣内の炎症

膣の中に細菌が入り粘膜に炎症を起こします。

この炎症により我慢できないほどの強いかゆみを感じ、おりものの増加も見られるようになります。

細菌は外部からの侵入によるものが多く、汚れの中に潜んでいる細菌が多ければ多いほど発症する可能性は高くなるのです。

 

外陰炎

デリケートゾーンの汚れをとらずにいると、外陰部にかゆみを感じるようになってきます。

ただれや腫れなどといった症状があらわれる人もいるようです。

主に膣内の炎症とセットで感じることが多いのが特徴です。

 

デリケートゾーンはかゆくても人前で気安くかけるところではありません。

ひたすらかゆみを我慢するなんてストレスも相当なものです。

そうならないためにも、正しい洗い方を知ってきちんとお手入れすることが大事といえるでしょう。

 

正しいお手入れでデリケートゾーンのにおい撃退!洗い方をマスターしよう♪

それでは、いよいよ正しい洗い方をお伝えしていきますね!

 

用意するものはたったの2つです!

・自分の指

・デリケートゾーン専用ソープ

これならすぐに準備できますね♪

ソープは膣内環境に近い弱酸性のものを使うのがベストです。

通常のボディソープだとデリケートゾーンの粘膜部分に刺激をもたらす可能性があります。

必ず専用のものを使ってお手入れしてくださいね。

 

ここからは洗い方に入りましょう♪

まずはぬるい温度のシャワーやかけ湯でアンダーヘアにこびりついた汗や尿をさっと流します。

設定温度は36度~38度、人肌もしくはそれよりちょっと熱めくらいが汚れがよく落ち、お手入れしやすいでしょう。

 

次に、でこぼこ(ヒダの部分)に指を添わせて優しく汚れを洗い流していきます。

添わせるのは必ず指の腹にしてくださいね!

指先だと爪でデリケートゾーンを傷つけてしまったり、過度な力が入ってしまうことがあります。

奥まったところは無理して指を使わずにシャワーを使ってお手入れしましょう。

 

さらに、おしりにかけても同じように優しく指で洗っていきます。

おしりを洗う際は必ず前から後ろへの流れを守りましょう。

後ろから前に向かって洗うと、お尻の周りの菌をデリケートゾーンにもってきてしまうことになるので注意が必要です。

また、膣内まで洗う必要はありません。

洗ってしまうと膣内で保たれていたバランスが崩れ炎症を起こすことがあります。

十分に注意してお手入れくださいね。

指は添わせるだけ、泡で撫でるくらいの感覚で行うとデリケートゾーンに負担をかけることなくお手入れが可能です。

洗い終わった後は驚くほどにおいが消えているはずですよ♪

 

洗いすぎは絶対NG!間違った洗い方がデリケートゾーンを傷つける!

洗うことはデリケートゾーンにとって良いことです。

しかし、においが気になるからと言って洗いすぎるのはNG!

間違った洗い方でお手入れすると下記のような症状がみられるようになります。

 

乾燥を招く

顔を洗いすぎるとつっぱるのと同じようにデリケートゾーンも洗いすぎは禁物です。

乾燥によって傷ができやすくもなりますし、菌の侵入を防ぐバリア機能も落ちてしまいます。

 

皮膚が黒ずむ

洗いすぎによって発生した摩擦によってデリケートゾーンに刺激が加わってしまい、黒ずみを招く恐れがあります。

一度黒ずんでしまうと自然と元に戻ることは難しいので、病院や専門のクリニックなどでの対処が必要です。

こうなるとお金も時間もかかってしまいますから、黒ずむような洗い方をするのは避けましょう。

 

粘膜に傷がつく

こすりすぎはデリケートゾーンに傷を作ってしまうことがあります。

自分では痛みなどを感じなくても、爪があたってわずかな傷をつくることがあるんです。

そこから細菌が入る恐れもあるので注意しましょう。

 

おわりに

一見難しそうに見えるデリケートゾーンの洗い方ですが、力加減さえ守ればだれでも簡単に行えるものです。

汚れをためても何ひとついいことはありません。

正しい洗い方でしっかりとお手入れして、デリケートゾーンのにおいと汚れをきれいにしましょう。

早速今日から取り入れてみてくださいね♪

 

-原因と対策

Copyright© 【スカートはきたい】 , 2017 AllRights Reserved.